ページ

2014年12月18日木曜日

SpringerLink電子ジャーナルAPCクーポンについて

Springer Open Access およびBioMed Central 社発行の100Open Accessジャーナル等に論文を投稿する場合、APC(article-processing charge)と呼ばれる投稿者負担の手数料を10%割引にするクーポンが発行されましたのでお知らせいたします。
 
下記APCクーポンコードの利用方法サイトを参考の上、ご利用ください。

【富山大学クーポンコード】
* 各キャンパス図書館に問い合わせいただくか、あるいはサイボーズガルーンのお知らせ(2014.12.18)をご覧ください。

有効期限:20151月~201512月末

ご利用方法やクーポンコード対象誌につきましては下記のリンクよりご参照ください。
APCクーポンコードの利用方法:http://bit.ly/1vD746E
BMCタイトルリスト:http://bit.ly/1w3EFFC
SpringerOpenタイトルリスト:http://bit.ly/1A6XmZj
APCクーポンコード対象外タイトルリスト:http://bit.ly/12fBqjW

 Membershipや他のクーポンコードとの併用はできませんのでご注意ください。
 
 不明な点等がありましたら、mailzasshi(@マーク)adm.u-toyama.ac.jp (図書館情報課)までご連絡ください。

当クーポンコードは、富山大学用ですので、お取り扱いにはくれぐれもご注意ください。
 

2014年12月3日水曜日

【終了】(学生のみなさんへ)冬季休業にともなう長期貸出のお知らせ

中央図書館・工学専門図書室では、富山大学冬季休業にともなう長期貸出を行います!
学生・研究生・院生のみなさんは、通常の貸出期間より長くなります。

 長期貸出実施期間(一般図書のみ)

学部学生 : 2014年12月10日(水) - 12月26日(金)
研究生     :    2014年12月10日(水) - 12月26日(金)
大学院生 : 2014年12月10日(水) - 12月14日(日)
          ↓
返却期限 →       2015年1月13日(火) *延長不可*

 *長期貸出実施期間より前に貸出した図書は、返却期限内に更新処理をしましょう。
*テスト勉強等で使用した図書は、忘れないうちに返却をお願いします。
*教職員・学外の方は通常の貸出です。
*視聴覚資料は対象外です。

   返却期限は守りましょう!



2014年11月27日木曜日

【終了】「オルレアン写真展」を開催 12/3(水)~1/20(火)

 フランスのオルレアンでの夏季研修に参加した人文学部学生さんたちと引率教員の中島先生が撮影した写真を展示します。
 昨年度に続き、第2回目の開催となります。
 オルレアンでの生活の様子や、アンボワーズやシュノンソーなどのフランスの風景を楽しみたい方、ぜひお越し下さい。

開催期間:2014年12月3日(水)~1月20日(火)
 会 場 :富山大学 中央図書館 2階ホール
 内 容 :
 富山大学人文学部では、毎年9月に約1ヶ月間、フランスのオルレアンで研修を行っています。折に触れ学生や教員が撮影した写真をこの機会に展示し、研修やオルレアンの町の様子を皆様に知っていただきたいと思いました。
 素人写真ではございますが、新鮮な好奇心と若さで切り取った情景の数々をお楽しみください。
今回は、ご覧になった皆様にご投票いただき、優秀作品撮影者には賞状と賞品を授与することによって、学生たちの励みとしたいと思います。
 投票用紙は会場にあります。ふるってご参加ください。

 


2014年11月18日火曜日

『選書ツアー2014秋』実施報告


1112日(水)に、図書館に置く本を学生さんが直接選ぶ、
『選書ツアー2014秋』を紀伊國屋書店富山店さんで開催しました。
秋の北風が吹きすさぶ中、今回は5名の学生さんが参加して下さいました。

集合場所に集まった学生さんに本を選ぶ際の簡単な説明をし、選書ツアーの始まりです。
気になる本があれば、ハンディターミナルというバーコードをなぞる機器ですかざすチェック!
どんな本がいいか、実際に中身を見て決めることができるのが選書ツアーの魅力です。

どんな本がいいかな?

相談中です

良い本が見つかったでしょうか?

話題の本もあちこちに平積みされてます

14時から16時までという開催時間内で、じっくり選んでもらった本の冊数はのべ52冊になりました。
今回ご参加いただいた学生さんからは、「自分では買えないような専門的な本を選ぶことができて、勉強に役立てることができると思う」「普段みないような棚の所にも面白そうな本を見つけられて楽しかった!」といった感想をいただきました。参加者の皆さん、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

 選んでもらった本は近日中に特設コーナーにて展示します。貸出しも可能ですので、是非お手にとってみて下さいね。

2014年11月17日月曜日

【終了】富山県遺跡資料リポジトリサービス停止のお知らせ(2014/11/28~2014/12/01)

無事復旧しました。
 
------------------------------------------------------------------------------------------
国立情報学研究所の電気設備法定点検のため、下記の期間中、富山県遺跡資料リポジトリサービスを停止いたします。
 ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承ください。

 ●停止期間●
 平成26年11月28日(金)18:00から平成26年12月1日(月)9:00

【終了】朝日新聞データベース『聞蔵Ⅱビジュアル』同時アクセス一時増加のお知らせ

中央図書館では朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」を契約し、皆様にご利用いただいております。
 
 通常、1名のみ同時アクセス可能ですが、下記期間中は最大50名が同時アクセス可能です。
 レポート作成や就活での時事情報チェック等にお使いください。

                  記

     期間:11月17日(月)~11月21日(金)
     アクセス上限:学内全体で同時アクセス50
     アクセス方法:中央図書館TOP-よく使うデータベース
                     -「聞蔵Ⅱビジュアル」
              もしくは下記URLよりダイレクトアクセス
         URL:
http://database.asahi.com/library2/   
         *学内接続PCからのみアクセス可能です

 
聞蔵Ⅱビジュアルの使い方:http://database.asahi.com/library2/main/help/help.html
 

*朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」とは
朝日新聞社のオンライン記事データベースです。
1879年(明治12年)の創刊号から今日まで130年を迎える紙面から約1300万件の記事・広告が検索・閲覧できる国内最大級の新聞記事データーベースです。
その他「週刊朝日」、「AERA」、「明治・大正期の紙面データーベース」、「知恵蔵」、「人物データーベース」、「朝日新聞歴史写真アーカイブ」が利用閲覧できます。

2014年11月10日月曜日

【終了】 2014/11/16(日) : OPAC,My Libraryが一時的に利用できなくなります

 来る2014年11月16日(日曜日)10時~17時にOPAC, My Liberary一時的にご利用いただけなくなります。総合情報基盤センターのメンテナンス作業に伴うものです。


  • 日時:2014年11月16日(日曜日)10:00~17:00
  • OPAC : 5~10分程ご利用いただけない時間帯が数回あります
  • My Library : 5~10分程ご利用いただけない時間帯が数回あります
  • ToRepo(リポジトリ) : ご利用いただけます
  
 総合情報基盤センターの作業の都合上,上記の停止時間帯は若干前後する可能性があります。
 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
 
 

2014年11月5日水曜日

【終了】 2014/11/12(水) : 無線LAN停止(完全停止)

 来る2014年1112日(水曜日)19:00~21:00の間,館内の無線LANが停止(完全停止)します。
 総合情報基盤センターのネットワーク機器の定期メンテナンス作業に伴うものです。
 みなさまには,ご迷惑をおかけしますが,どうぞご了承ください。

2014年10月24日金曜日

【終了】2014/11/1~2:富山大学スマイルフェスティバル2014開催に伴う構内交通規制について

 11月1日(土)、2日(日)は「富山大学スマイルフェスティバル2014」の開催にともない、構内は交通規制がされ、駐車場が利用できませんのでご注意ください。

 当日は2日間で4,000人の来場者を予定しており、その多くは小学生以下の親子連れです。安全のため自転車や自動二輪車は構内では降りて通行していただくことになっております。
 
 利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
スマイルフェスティバル2014 イベント情報http://www.u-toyama.ac.jp/outline/event/index.html#event_141101
 


2014年10月23日木曜日

2014/10/27(月)実施:電子ジャーナル・電子ブックリスト リニューアル


リニューアルしました!
下記からアクセスできます。
http://sfx4.usaco.co.jp/toyama/az


-------------------------------------------------------------------------------------
富山大学附属図書館電子ジャーナル・電子ブックリストを以下の日程でリニューアルします。
 より使いやすく、わかりやすい画面になります。
 お楽しみに!!

  ○リニューアル日程
    2014年10月27日(月) 午前

  ○リニューアル後の画面

2014年10月20日月曜日

【終了】 Westlaw Japan, Westlaw International のトライアルを行っています!(平成27年1月31日まで)

 10月20日(月)から、Westlaw Japan, Westlaw International のトライアルを行います。

  日本法(Westlaw Japan)リーガルリサーチにおいて必要な法律情報、資料(法令、判例、審決等、書籍・雑誌、文献情報、ニュース記事)を過去から最新情報まで収集し、多彩な検索・表示機能とともに提供する法律情報総合オンラインサービスです。有斐閣コンテンツ、NBL・資料版商事法務も利用できます。
 詳しくは http://www.westlawjapan.com/products/westlaw-japan/  をご覧ください

 
 ☆英米法(Westlaw International)は、世界60カ国以上で利用されている、法律専門家のためのオンラインリーガルリサーチツールです。判例、法令、行政関連資料、法律雑誌や法律百科事典、弁護士年鑑など法情報および関連情報はもちろん、800誌以上もの法律雑誌・紀要等から必要な情報を検索できます。
 詳しくは http://www.westlawjapan.com/products/westlaw-international/  をご覧ください

・期間:日本法(Westlaw Japan)と英米(Westlaw International)は
        平成27年1月31日まで

     日本法(Westlaw Japan)
                        NBL・資料版商事法務:平成2611月末まで
               有斐閣コンテンツ:平成2612月末まで
・リンク先:
日本法(Westlaw Japan)
 https://go.westlawjapan.com/wljp/app/signon/trauth?sp=ToyamaWLJP-2  
英米法(Westlaw International)
 http://www.westlaw.com/signon/default.wl?rs=IMP1.0&vr=2.0&sp=ToyamaWLI 

学内から接続する場合は、IDとPWの必要がなくどこからでもアクセスできます。IDとPWが必要な方は、中央図書館雑誌担当係zasshi@マークadm.u-toyama.ac.jp までメールで連絡ください。

2014年10月9日木曜日

【終了】 (お知らせ)富大生の選書ツアー/Web選書参加者募集

各 位

 
 図書館では、下記のとおり、行います。

 学生さんの参加をお待ちしております。


 
 

2014年10月2日木曜日

中央図書館ニュース『LiLi : Library Life』の18号を発行しました

 中央図書館から学生のみなさんに向けてタイムリーな情報をお届けする、中央図書館ニュース『LiLi : Library Life』の18号を発行しました。
 今回の特集は「図書館と就活 第2弾」。昨年10月号(第14号)に続き、就職活動で使える図書館のおススメツールを紹介しています。
 新聞記事や雑誌記事を効率的に収集すれば、企業研究や面接試験対策など、就活のさまざまな場面で大いに活用できます。就活生必見!
 これ以外にも、人間発達科学部 高橋純先生のお薦め本紹介や、国立国会図書館のデジタル資料利用サービスの案内などが載っています。
 『LiLi : Library Life』18号は学術情報リポジトリ「ToRepo」からもご覧いただけますし(
http://hdl.handle.net/10110/13009)、図書館内や、各学部棟などにも置いておりますので、見かけたらぜひ手に取ってご覧ください。

 

終了:学生用雑誌の購読希望調査実施のお知らせ(10/2~10/31)

この調査は終了しました。
アンケートを投函してくださった学生のみなさん、ご協力ありがとうございます!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


学生用雑誌 希望調査
~あなたの読みたい雑誌をおしえてください~
 
 
 
中央図書館では、リフレッシュコミュニケーションゾーンに置いてある
雑誌のラインナップの見直しを検討しています。
学生のみなさんから、図書館に置いてほしい雑誌を募集します。
アンケートの結果、購読が決定した雑誌は来年度から配架する予定です。
*予算の関係上ご希望の雑誌が購入できない場合がありますのでご了承ください。
 
    (実施期間)
 10月2日(木)~10月31日(金)
(実施場所)
 中央図書館1階 リフレッシュ・コミュニケーションゾーン
  (記入方法)
   ・アンケート用紙に読みたい雑誌を記入してください。
   ・分野でも雑誌のタイトルを記入しても、どちらでも構いません。
     (分野例:ファッション誌、料理雑誌、タウン誌、語学雑誌)
 (対象外)
   ・コミック誌(例:週刊少年ジャンプ、マーガレット)
   ・不定期に出版される雑誌
   ・内容が大学図書館にふさわしくないもの
 
 
 
 
 

 

2014年9月9日火曜日

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスはじめました(2014/09/09~)

国立国会図書館デジタル化資料131万点が中央図書館内で利用できるようになりました

1 サービスの概要について

今回開始する「デジタル化資料送信サービス」(送信サービス)は、国立国会図書館でデジタル化した図書や雑誌のうち、絶版などで現在手に入らないものについて、富山大学中央図書館が国立国会図書館の承認を受けて館内でこれらの資料を見られるようにしたものです。

2 見ることができる図書・雑誌など

国立国会図書館がデジタル化した資料(表1)のうち、送信サービス参加図書館で見られるものは、表の「送信サービスの対象」の部分(太枠部分)で、図書・古典籍・雑誌・博士論文の4種類で約131万点(平成261月時点)です。
お探しの図書や雑誌などが送信サービスの対象となっているかどうかは、国立国会図書館のウェブサイト内の「国立国会図書館デジタルコレクション」(http://dl.ndl.go.jp/)で検索して確認することができます。この確認は、ご自宅のパソコンやスマートフォンからでもできます。
なお、インターネット公開のものは、ご自宅などから「国立国会図書館デジタルコレクション」にアクセスして本文画像を見ることができます。

 公開範囲

種類
インターネット公開
送信サービスの対象
国立国会図書館限定
合計
概要
図書
34万点
50万点
6万点
90万点
昭和43年頃までに国立国会図書館が受け入れたもの
※現在も流通しているものや、漫画・絵本は国立国会図書館限定
古典籍
7万点
2万点
9万点
貴重書、江戸期・清代以前の和漢書など
雑誌
0.5万点
67万点
39万点
106万点
平成12年までに発行されたもの
※商業出版社によるものは国立国会図書館限定
博士論文
1.5万点
12万点
1万点
14万点
平成312年度に国立国会図書館が受け入れたもの
※商業出版されているものは国立国会図書館限定
その他
4万点
5万点
9万点
官報、憲政資料など
合計
47万点
131万点
50万点
228万点


1 国立国会図書館が提供するデジタル化資料の概数(平成261月現在)
(※概数のため、合計が合わない箇所があります。)

3 利用方法

① 利用にあたって
有効な当館の利用証または学生証をお持ちの方ならば、どなたでも利用できます。
② 利用できるパソコン
  送信サービスを利用できるパソコンは、カウンターにご用意するパソコン1台のみです。図書館内の指定のパソコン以外のパソコン(研究室など)では利用できません。
  利用にあたっては、最初に図書館職員によるログイン操作が必要です。ログインは図書館職員しかできませんので、まずカウンターに利用証または学生証を提示して、利用を申し込んでください。
③ 検索
 「国立国会図書館デジタルコレクション」の画面で、お探しの図書や雑誌のタイトルや著者名などを入力して検索してください。
④ 閲覧
 デジタル画像を、パソコンのモニターでご覧いただきます。なお、画像は図書や雑誌を写真に撮ったものですので、本文の文字の検索はできません。
⑤ 印刷(複写)
利用者向けの画面では、印刷ができない設定となっています。印刷を行えるのは図書館職員のみですので、印刷をご希望の方は、カウンターの職員にご相談ください。(学外者の方はご利用いただけません。)
利用の終了
利用が終わったら、カウンターの職員までご連絡ください。

4 デジタル画像についての注意事項

デジタル画像データのダウンロードや保存はできません。USBメモリなどにコピーして持ち帰ることなどはできません。

その他

 詳しくは,
・中央図書館の利用案内のページ
・国立国会図書館のWebサイト(図書館向けデジタル化資料送信サービスについて)
をご覧ください。