ページ

2017年12月15日金曜日

2017/12/23-24 : ラフカディオ・ハーン研究国際シンポジウム

以下の通り,富山大学ヘルン研究会・富山大学人文学部・富山大学附属図書館共催で2017年度ラフカディオ・ハーン研究国際シンポジウムが開催されます。

開催日時:2017年12月23日(土)・24日(日)
開催場所:富山大学人文学部3階第6講義室



プログラム:
12月23日(土) 日本におけるラフカディオ・ハーン
 研究発表1 11:00 ~11:30
  戦後高等学校国語教科書の中の小泉八雲・序説
   西田谷洋(富山大学)
 研究発表2 11:30~12:00
  文学教育の題材としての小泉八雲―富山大学の近年の実践例をもとに―
   小谷瑛輔(富山大学)
 基調講演Ⅰ 13:00~14:00
  ハーンの『心』と漱石の『心』―日清戦争認識をめぐって―
   小森陽一(東京大学)
 研究発表3 14:20~14:50
  ラフカディオ・ハーン「守られた約束」について―原話と再話の比較から見えるもの―
   川澄亜岐子(東京大学大学院生)
 研究発表4 14:50~15:20
  帝大講師小泉八雲―講義「読書論」「創作論」「文学と輿論」を中心に
   服部徹也(慶應義塾大学大学院生)
 研究発表5 15:20~15:50
  ハーンと日本人の表情
   水須詩織(富山県美術館)
 研究発表6 15:50~16:20
  ハーンと大正日本の想像力-佐藤春夫を中心に―
   河野龍也(実践女子大学)
 総括・全体討論16:40~17:20 
  
12月24日(日) ラフカディオ・ハーンの研究の今 
 研究発表1 11:00~11:30
  ラフカディオ・ハーンの創作と文化的記憶―「和解」を中心に
   結城史郎(富山大学)
 研究発表2 11:30~12:00
  ハーンはアメリカでどう読まれたか―『日本―一つの解明』を中心に
   水野真理子(富山大学)
 基調講演Ⅱ 13:00~14:00
  文化資源としての作家と文学―ラフカディオ・ハーンの可能性―
   小泉凡(島根県立大学)
 研究発表3 14:20~14:50
  Some more Lafcadio Hearn Materials from the University of Virginia
   ロジャー・ウィリアムソン(北九州市立大学)
 研究発表4 14:50~15:20
  ハーン作品のドイツ語版とユダヤ系文化人たち
   岩本真理子(北九州市立大学)
 研究発表5 15:20~15:50
  ヘルン文庫書き込み調査報告―『ギリシア詞華集』と『ルバイヤート』をつなぐもの―
   中島淑恵(富山大学)
 総括・全体討論16:10~17:00 

   問合せ先:富山大学人文学部中島研究室
    e-mail : toshie(アットマーク)hmt.u-toyama.ac.jp

2017年12月7日木曜日

(学生のみなさんへ)冬季休業にともなう長期貸出のお知らせ

中央図書館・工学専門図書室では、冬季休業にともなう長期貸出を行います。
学生・研究生・院生のみなさんは、通常の貸出期間より長くなります。


長期貸出実施期間(一般図書のみ)

学部学生: 2017年12月8日(金) - 12月27日(水)
研究生    :   2017年12月8日(金) - 12月27日(水)
大学院生: 2017年12月8日(金) - 12月14日(木)
          ↓
返却期限 →   2018年1月12日(金) *延長不可*


*長期貸出実施期間より前に貸出した図書は、返却期限内に更新処理をしましょう。
*テスト勉強等で使用した図書は、忘れないうちに返却をお願いします。
*教職員・学外の方は通常の貸出です。
*視聴覚資料は対象外です。


   返却期限は守りましょう!


2017/12/19-22:「図書館ガイダンス」を開催します

2017年12月19日~22日の間、図書館を使いこなすためのガイダンスを5回開催します。
内容は、
・図書館の使い方      (12/19(火)13:30-14:30)
・OPACの使い方    (12/19(火)15:00-16:00)
・CiNiiの使い方       (12/20(水)13:30-14:30)
・JapanKnowledgeの使い方 (12/20(水)15:00-16:00)
・Web of Scienceの使い方   (12/22(金)13:30-14:30)
です。
レポートや卒論を書くための資料集めに不安がある方、是非ご参加ください。
図書館を使いこなして、情報を的確に収集するスキルを身につけておけば、将来もきっと役に立ちます。
どの回も中央図書館6階マルチメディア研修室で、実習をしながら行います。
当日の飛び入り参加も歓迎しますが、PCが30台と限られておりますので、事前にメールにて参加申込みください。
E-Mail:oshiete(at)adm.u-toyama.ac.jp
                             ↑(at)を@に替えてください
また、これらのガイダンスや授業と連携する図書館関連のインストラクションをカスタマイズして実施することも可能ですので、ご担当の先生方はお気軽に図書館へご相談ください。


「オルレアン写真展」を開催 12/7(木)~12/27(水)

 フランスのオルレアンでの研修に参加した学生さんたちと、引率の人文学部 中島先生が撮影した写真を展示します。
オルレアンでの生活の様子やフランスの風景を楽しみたい方、ぜひお越し下さい。

開催期間:2017年12月7日(木)~12月27日(水)
会 場 :富山大学 中央図書館 1階エントランスホール
内 容 :
 今年も8名の富山大学生が、9月1日(金)から26日(火)までの日程で、フランスのオルレアンで研修を行ってきました。
学生たちが撮影した旅の思い出を皆さんで共有するためにオルレアン写真展を開催します。皆様ぜひふるってお越しください(入場無料)。

2017年11月28日火曜日

企画展示「ぽかぽか本」特集はじめました


1階らせん階段下,企画展示コーナーにて,「ぽかぽか本」の展示を開始しました。

中央図書館、ちょっと寒いですよね…。みなさんにすこしでも暖かくなってもらおうと、「ぽかぽか」と、あたたかくなりそうな本を選んで展示してみました。

この展示架の本は、次のように選んだ本が並んでいます。

○あたたかい/温暖 などをキーワードに富山大学OPACを検索しヒットした本。
ここで使用するキーワードは、次のウェブサイトを参考にしました。
国立国会図書館リサーチ・ナビ http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
このサイトでキーワードを検索した際に表示される"関連する語句"を参考にOPACで使用する検索ワードを抽出しています。ここから「あたたかい」をタイトルに含む本、地球温暖化の本などを選びました。

○文章を丸ごと検索窓に入れて本を検索できるウェブサイト
Webcat Plus http://webcatplus.nii.ac.jp/ で「あったかくなりたい寒いこたつに入りたい」と検索し、(このウェブサイトの検索窓には、調べたいことを文章で入れます。)ヒットした本からヒントを得て、富山大学OPACを再検索し選んだ本。
ここから、体を温めるレシピ本、編み物の本、猫の本などを選びました。

ちなみに連想検索というつながりで、
想-IMAGINE Book Search  http://imagine.bookmap.info/index.jsp
というウェブサイトもあります。こちらも文章で本を検索できます。

どちらの検索方法も皆さんの調べごとに役立つと思いますので、紹介してみました。

編みかけの編み物も展示してあります。展示中、少しずつ長くなるかもしれません。
なんとなく暖かい気持ちになるコーナーになれば幸いです。

 

2017年11月7日火曜日

芸術文化学部 工芸史・工芸技術研究室 平成29年度特別展示「木地を活かす-挽物と刳物の美」「鋳造花器って、おもしろい-大郷コレクションから」

 中央図書館2階ロビーにて、本学の芸術文化学部 工芸史・工芸技術史研究室の平成29年度特別展示「木地を活かす-挽物と刳物の美」、「鋳造花器って、おもしろい-大郷コレクションから」を開催しています。
 芸術文化学部が収蔵・管理している木製工芸品や金属製工芸品の一部をご覧いただける貴重な機会となっております。展示作品の関連書籍も展示していますので、併せてご覧ください。


2017年10月31日火曜日

首相官邸ホームページ「明治150年」ポータルサイトに「ヘルン文庫」が掲載されました

首相官邸が運営するホームページの「明治150年」ポータルサイトに、「ヘルン文庫」が掲載されました。
掲載場所は、「デジタルアーカイブ」ページの「大学関連」‐「国立大学」の中ほどになります。
「明治150年」の詳細につきましては、ポータルサイトをご覧ください。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/meiji150/portal/index.html